Uber Eats(ウーバーイーツ)配達に役立つアイテム目録

【6月22日】Uber Eatsで徒歩配達スタート!まずは23区から試験導入。初期費用無し、徒歩でウーバーイーツ配達ができるようになる

ウーバーイーツ徒歩配達

ウーバーイーツ徒歩配達まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、2021年6月22日から東京23区で近距離での配達を「徒歩」で行えるモードの試験運用を開始する。

徒歩での配達は、自転車の駐輪にかかる手間が省け、また、階段や細い路地を使ったりすることが可能になるため、効率的に近距離の配達を行うことができるようになる

Uber Eats
イズミケイタ
イズミケイタ

マジかよ⁉徒歩?稼げるの?効率的?

この記事ではウーバーイーツ徒歩配達のわかっていることやメリット・デメリット、予想などまとめてみました。

Uber Eatsで徒歩配達が開始

ウーバーイーツ 徒歩配達モード
Uber Walker(徒歩配達)

まずはウーバーイーツ徒歩配達モードのわかっていることの確認から。

  • 22日から都内23区で試験導入 
  • 「徒歩」モード近距離の配達のみ
  • NYや香港、バンクーバーなど複数都市で導入済み
  • アプリ内で「車両」を「徒歩」に選択して切り替える
  • 保険はUber Eats の対人・対物賠償責任保険及び傷害補償制度が適用

ウーバーイーツ徒歩配達のメリット・デメリット

徒歩配達のメリット

  • 初期費用かからない
  • 近距離の配達
  • 階段や細い路地も問題なし
  • 自転車やバイクの駐輪、盗難リスクがなくなる
  • 料理の破損リスクが減る
  • 健康になる

手持ちの車両がなくても、歩ければ配達できちゃう徒歩配達。しかもかなり健康的。

イズミケイタ
イズミケイタ

初期費用がかからない!がポイント。

今すぐ登録!スキマ時間に配達しよう

徒歩配達のデメリット

  • 加盟店エリアまで行くのが面倒
  • 歩くのが面倒
  • たぶん稼げない

徒歩配達に近距離の配達が割り振られるのは分かる。でも、まずはお店まで近づかなければならない。近距離の配達ということはおそらく繁華街。

よく注文の入るエリアまで電車なりバスなりで移動することになる。配達バッグを持って。

自転車やバイクでエリアまで行って徒歩配達も考えられるが、それなら自転車やバイクで配達するでしょう。つまり面倒くさい。

距離も報酬に直結するので、近距離は稼げない。しかも徒歩は時間がかかる。注文数もおそらく少ない。つまり稼げない。

イズミケイタ
イズミケイタ

メインの収入としては考えづらい。

徒歩配達モード設定への変更方法

徒歩配達モードへは自転車からでもバイクからでも、アプリから簡単に「車両」を切り替え可能だ。

新しく登録した配達パートナーは最初から「徒歩」のみを選択することで自転車やバイクを持っていなくてもUber Eats配達を始めることが出来る。

アプリから左上の三本線アイコンをタップ
アカウントをタップ
「車両」をタップしWalkerモードを選択
ウーバーイーツ 徒歩配達モード
イズミケイタ
イズミケイタ

自転車に戻すのは..多分1番上の「自転車」かなw

徒歩での配達におすすめのエリア

Uber Eatsから徒歩配達におすすめのエリアが知らされた。

まぁ、23区の中でも都心に近いエリア。加盟店も人口も注文も多いエリアで間違いない。ただ、徒歩配達の注文が多いのかは実装されてみないとわからない。

イズミケイタ
イズミケイタ

実装され次第各地に検証行ってくる!

Uber Eatsが安全に徒歩配達するにあたってのヒントを教えてくれたので紹介。

徒歩での配達を安全に行うためのヒント
  • 交通ルールを守り、交通標識や信号を遵守する
  • 可能な限り歩道を歩く。歩道がない場合は、左側通行の自動車に対面するように右側通行を行う
  • 常に注意を払い、スマートフォンなどの電子機器に気を取られないよう、目および耳を使って周囲の交通状況を把握する。

Uber Eats

徒歩配達モードの狙いと予想

Uberの狙い

Uber Eats側から考えたら、徒歩配達だろうが自転車だろうがバイクだろうが車だろうが配達パートナーの数が多くなるのは大歓迎だ。

注文と配達パートナーをマッチさせる」のがUberの使命なのだから。

コマが増えれば効率的に注文がさばけてUberは儲かるし、早くマッチして顧客満足度もアップする。

イズミケイタ
イズミケイタ

既存の配達パートナーからしたらマイナスでしかない。

自転車やバイクから見たら、徒歩配達員が増え割の良い近距離の注文が減る

Uber Eats徒歩配達の予想

初期費用もかからないし、散歩や運動代わりに配達するという人が増えるんじゃないかな。

もし、日本の複数都市で展開したなら各地の街で散策ついでに配達なんていうのも悪くない。旅のついでやお小遣い稼ぎにサクッと配達。

イズミケイタ
イズミケイタ

Uber Eatsはホントに素晴らしい副業になっていく。

都市を移りながら配達して暮らせる?旅するUber Eatsにも遠征にもおすすめの移動方法7選

22日からの都内試験導入のあとは全国の都市で本格導入?ざっと海外の情報を見たが普通に徒歩配達は定着してるみたいだ。

イズミケイタ
イズミケイタ

とりあえず配達バッグは用意しよう。手ぶらでテクテク配達はマズい。

Uber Eats徒歩配達まとめ

現時点ではわからないことだらけではっきりとしたことは言えない。距離や注文数、鳴り方など検証次第報告します。

それでも自転車やバイクの他に「徒歩」という選択肢ができたのはいいこと。初期費用もかからないし、これからまた副業としてUber Eatsが定着していくことになるだろう。

  • 散歩代わりにUber Eats
  • 運動代わりにUber Eats
  • お小遣い稼ぎにUber Eats

自転車乗りやバイク乗りからすれば「長距離歩くのとかマジで無理」って感じだと思うが、世の中には「歩くの大好き」という人種はかなり多い。

歩けばセロトニンも出て落ち着くし、着実に一歩一歩目的地に近づいていくしお金も稼げる…けっこう流行るんじゃないかと。

歩くの大好きな人はもちろん、暇を持て余した定年退職した人、ダイエット目的の人なども登録すると予想した。

イズミケイタ
イズミケイタ

ストレス解消にウーバーイーツ徒歩配達!

今すぐ登録!スキマ時間に配達しよう

必須アイテムの紹介。まずはバッグ。アマゾンで各自購入するシステムだ。

スマホのバッテリー切れが1番ダメなのでバッテリーも必要。

徒歩ならそこまで破損や漏れはないと思うが、サバイバルシート(緩衝材)で隙間を埋めよう。

Uber Eatsと周りにバレたくなかったら、公式のロゴがないが保温保冷機能のある配達バッグを用意しよう。

まずは必要書類を用意してWEBから登録しよう

Uber Eats配達パートナー登録に必要なモノ

自転車
・身分証明書
・プロフィール写真

バイク
・運転免許証
・自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険証)
・ナンバープレート写真
・プロフィール写真

軽自動車・125㏄以上のバイク
・運転免許証
・車検証または軽自動車届出済証
・自動車損害賠償責任保険証明書 (自賠責保険証)
・任意保険または自動車共済証書
・ナンバー プレート写真
・プロフィール写真

今すぐ登録!スキマ時間に配達しよう
イズミケイタ
イズミケイタ

副業の王様、ウーバーイーツ!