目指せ連載!! ボウリング漫画への道

【月報】4月(2018):現在制作中のマンガ(進捗)をリストアップして確認だ。

くそぉ!全然アクセスがない!やはりマンガを描くしかない!

何個も並行して作品を作ってる。いいことか悪いことかはわからない。とりあえず描く。そしたら少し進む。全体の進捗を確認したくなったからまとめる。悔しいなー。

4月のまとめ

まずはブログの状況を数字で確認しよう。

月報 4月 2018

UUが5!PVが3012!

泣いていいですか?考えられる原因は、自分のIPアドレスをカウンターから外したこと。

今まで自分ばっかりアクセスしてたから数字上乗せしてたんだなー。これがワタシの真の実力ですよ。

それにしても、5人て…。

いや、グーグルのクローラーとか入ってるのかな?‥‥ゴクリ。

SEO考えず、検索にも答えず、SNSもカスなワタシ好きなこと書くとこうなる見本ですわ!

ケッ!もおおあったまきた。一切SEOやんねぇ。しばらくマンガ描いて投稿サイトにアップして数字どうなるか様子見する。

でも、5人て…。おかしくない?サーチコンソールの週間クリック数のが全然あるぞ。なんかおかしい。

4月の目標
  1. PV10000
  2. 記事数15

だったから、記事数はあと1足りなかった。PVは7000足りなかったですね。じゃ来月は…

5月の目標
  • PV30000
  • 記事数40
  • UU100

だ! 完全に怒ってる。PVに対するUUの比率とかもわからないから適当だけど。とにかく怒ってる。5月はブログ描くマシーンだ!

noteとかpixivとかの閲覧は順調に伸びてきてるのに!

イズミケイタ

まぁいい。漫画の進捗にいこう。

マンガのリストアップ?

流行りの断捨離の影響です。とにかくスッキリさせて次に進みたい。

ビシビシいらないモノを捨てまくった。卒業文集とかも割と躊躇なく捨てられて周りからモノが減って快適になりスッキリした快感を覚えたところ。

そうだ!今、浮かんでる作品も全部書き出そう!アタマの中も断捨離だ!

タスク管理のライフハックでいう『GTD』の、「頭の中の棚卸し」ですね。これはかなりオススメ。凄いスッキリしますよ。

リストアップしたら後は終わらせるのみ!ちゃんとエンドマークつけろよオレ。終わらせて次へ進むんだ。

関連記事:吉田博展:終わらせて、変わり続けろ

現在制作中のマンガ

順番は関係ない。2018年内に全部終わらせる!

アタマの中に常に引っかかってるからね。

まずはボウリング漫画。これを一区切りさせたい。あとはコミックエッセイとかを気軽に描いて創作をドライブさせたい。

進行中

『連載用ボウリング漫画』

連載:スポーツ漫画

進捗:ネームと、タッチの研究、効率化の模索。

アタマのなかはこれでいっぱい。個人的に凄い盛り上がってる。ボウリング漫画で連載はアリなのかずっと考えている。
いきさつと経過はボウリング漫画の現在地に詳しく書いてあるのでどうぞ。

徐々にカタチになってきてる。少しづつでも進むんだオレ。いや急げ!!

どこかの連載グランプリかなんかに応募かな。なんにせよとにかく準備だけはしておこう。まずは読み切りを描いてからだけど。

課題
連載用の課題っていったらそりゃもちろん「毎回の引き」ですよ。大前提として「面白さ」が一番だけど。とにかく課題だらけで大変だけどそれがまた楽しい。

シリーズものとしていろいろな角度から検討しているので興味ある方は読んでください。

制作上の悩みは尽きない。方向性だったり、絵柄だったり。う~~む。

『Teenage Dream』

読み切り:スポーツ漫画(ボウリング)

進捗:ストーリー、キャラはできた。次はネーム。

連載用のマンガにつなげるかはわからないけど、一本ボウリングで読み切りを描いてみよう。

恐らく課題も山ほど見つかるはず。走りながら考えろ。進みながら強くなれ。

現在、ストーリーはほぼ出来た。ただ、出だしがうまく転がってない。そこをクリアーすれば一気に進む。クライマックスの見開きは最高いいのが浮かんだ。楽しみ。読み切りだが、連載につながる要素も盛り込む予定。

上の連載用ボウリング漫画を想定したシリーズ「ボウリング漫画への道」で一つ一つ課題を整理していったのが非常に効果的だった。なのでネームもシリーズ内に登場させてみて課題をあぶりだすことにした。ネームをブラッシュアップして変化していく過程も記録に残せば発見があるハズだ。

課題
連載のボウリング漫画のためにも一本ボウリングでマンガを完成させたい。描き始めたら新たにたくさん課題がみつかるだろう。それが狙い。

五月には終わらせたい。

『世界はマンガでできている』

読み切り:縦スクロール専用マンガ

進捗:ネタだし段階。大まかな流れはできた。

ちょっとだけ考え始めたところ。視覚表現に凝ったマンガになる。縦スクロールの視線誘導に特化したマンガになる予定。

課題
縦スクロール漫画で有効なコマ割りを探る。

もうひとひねりって感覚。

『スポーツジムはボクらのパラダイスなのだ!!(仮)』

コミックエッセイ ウンコポーズ

一話完結:連作:コミックエッセイ

進捗:ネタだし段階。次はコミックエッセイのフォーマット作成(済)

サードプレイスやアジールとしての、ジムに集まる人間模様のマンガを描こうと思ったら、ジムで遭遇した出来事のコミックエッセイの方がいい気がして路線変更。

さらに、ネタだししてたらジムだけじゃなくて仕事やバイトや学生時代のことも思い出してきて普通のコミックエッセイにしたくなってきた。多分ブログと投稿サイトにアップする。1話は本のページに換算したら2~4P位の長さがいい気がする。

ざっとネタだしした結果30話はあった。今年のブログの主力ですね。とにかく日常や出来事をコマに割るんだ。マンガ描きだろ。いいからコマを割れ。

課題
コミックエッセイも描きたい。コミックエッセイに慣れたら日常のことやもろもろをブログやSNSにマンガでアップしやすくなる。軽い気持ちでやってみよう。とにかくこれは量かなー。

とにかくマンガを描くのに慣れるため五月は「毎日投稿」が目標。クリアーしたら褒めてね。いやいや、完全に無理だった。おとなしくマイペースでやりますわ。

保留中

『フロンティア』

読み切り:アクション漫画

進捗:ネームでとまってる

カンフーマンガ。摩天楼バックに飛び込むシーンが描きたくて作品にしてるところ。絵のタッチをさんざん悩んでる。

『ワイルド7』のような容赦なく悪を退治するのを描きたかったが、どうも筆が進まない……甘ちゃんです自分。

男塾や北斗の拳のようなタッチにしようかと思ったり、ノワールコミックのような白黒のタッチにしようかと思ったり。でもジャッキー・チェン映画の要素を入れたかったからちょっとだけポップで可愛くしようとしたり何回も描き直した。さてどうしよう…

絵のタッチはストーリーに合わせるべきだから内容をまず考えることにした。と思ったら、絵でストーリーが決まるかもしれなくてまた悩みだした。

これは発見。ネームでアップしようかな。そしていくつかのコマやページを違った絵のタッチで描いて比較しようかな。

今までの創作人生で実感していることがある。

それは過剰にやりすぎた方が成長するってこと。

だから、とにかく描く!ページ開いたときにムワッとベタやインクでむせ返るような暑苦しい劇画でね。最初っからあっさり目指してスカスカより、描きすぎてから引き算を覚えた方が成長する。デッサンもそうだった。最初は濃い鉛筆のせられなかったから。ビビるなオレ。描けば進むぞ。

1P模写」っていう先人の技術を学ぶシリーズをやっているんだけど、とりあげた先生を意識して読み切り一本つくればなおさら自分の中に消化できる気がした。なのでこの作品は『ワイルド7』の影響を反映させたい。(まだとり上げてないけど『魁!!男塾』も)

そういえばジャンプの男塾や花の慶次の路線のマンガは途切れちゃったのかな?狙おうかな。

1P模写 ワイルド71P模写 #3『ワイルド7』@望月三起也

個人的に気になっていることがある。それはファッションイラストのテイストをマンガに取り入れられないかということ。

あの省略されたスタイルが好きなんだ。具体的にはRené Gruauですね。たしか久保帯人先生がインタビューで、少年誌ではアートっぽい絵はウケないみたいなことおっしゃてたけど。まぁ今回はお試しで。うまくいくかはわからないけどやってみる価値はある。そもそも自分、ファッション系の出身だし。

課題
最重要ポイントは「絵(タッチ)」。流行りの萌えっぽい絵は興味ないし、青年誌のような絵も好みではない。それに一回劇画描きたかったしね。

スーパー保留中。すこしハードボイルド路線で一本描いてみるのもいいが、次の漫画と合わせてSFにするのもいいかと考えてる。

『掟破りのアデピシ』

読み切り:能力バトルマンガ

進捗:ネーム。ストーリー、キャラはほぼ出来上がった。

アフリカなテイストの話なんだけど、SF描きたいからキャラクターや話の骨格は変えないで舞台設定をそのまま未来にするかも。ストーリーは大体できてる。あとは敵キャラクターのデザインと能力が目覚めるきっかけ。

絵は少年誌に寄せる。意識するところは躍動感!! 大げさなリアクションや表情、デフォルメなど。

課題
一回王道の少年マンガを描き上げてみたい!ドキドキワクワクの熱い少年マンガを!

ボウリング漫画よりコッチでいく予定だった。バリバリの少年マンガで。夏の連載グランプリはコッチを膨らませたものかな。

『ボクはゴブリン、君はエルフ』

読み切り:ファンタジーギャグ:フルカラー

進捗:ネタだし段階。大まかな流れ程度のストーリー。

ファンタジー漫画。でも、なんだかなー。各種投稿サイト眺めるといわゆる「勇者もの」たくさんある。ほとんどコメディの。過当競争すぎるな。ボツかな。
なんで描こうと思ったんだっけな?フルカラー試そうと思ってたんだ。一回はフルカラー描きたいですよね。

課題
フルカラーコミック一本描いてみたい。くだらないギャグの仮面をかぶった社会派マンガの予定。あと、女ゴブリンでちょいエロの表現も挑戦したい。

セルフ・ボツだな。もうギャグファンタジーは食傷気味。

『逃げの小五郎』

読み切り:和風ノワール・コミック:時代劇

進捗:思いつき段階。

ノワールコミックについて考えてた。ギャングものもあんまり興味ないし、「日本を舞台のノワールコミック出来ないかな?」ってことで考えてる。

舞台は幕末。桂小五郎が新選組などの暗殺者に追われるショートコミック。つまり新選組が完全に悪役のノワールコミック。トーンも一切使わないでやってみよう。ものは試しだ。

ちなみに資料は何一つ無い!

課題
白と黒だけのタッチで描く。しかも時代劇。難易度高い……
うむ。スッキリしました。

あとは順番に作品にかかる作業を処理・実行していくんだオレ!やるんだオレ!