目指せ連載!! ボウリング漫画への道

【アドセンス】関連コンテンツユニットをサイドバーに設置する方法と注意点

アドセンスサイドバー

アドセンスの関連コンテンツユニットは記事下だけでなく、サイドバーにも設置できるんです。前回紹介したカスタマイズで表示レイアウトも変えられるし、用途によっては使える気がする。

ということで、今回は「関連コンテンツユニット」をサイドバーに設置する方法と注意点です。

あと、アドセンスで関連コンテンツが解放された時の状況をメモっておく。

実は関連コンテンツ広告をサイドバーに設置するのはGoogleがおすすめしているんです。以下ヘルプページより引用。

関連コンテンツ ユニットのプレースメント

関連コンテンツ ユニットは、コンテンツ量の多い長めのページ(関連画像などを使って詳しい情報を記載した記事ページなど)に最適です。成果を高めるには、関連コンテンツ ユニットを記事のすぐ下(スクロールしなければ見えない位置)またはサイドバーに配置することをおすすめします。関連コンテンツ ユニットの近くに広告を配置すると、広告の掲載効果を高められます。

AdSenseヘルプ 関連コンテンツユニットを作成

ちなみですけど「関連コンテンツユニット」をサイドバーに設置しているブログを見たことはない!(笑)

……では説明します。

関連コンテンツのサイドバー設置方法

私はワードプレスを使っているんでワードプレスの説明になりますが。テーマはSANGOです。

ワードプレスの中でもテーマによってウィジェットの画面は違いますけど、まぁ簡単なんで問題ないでしょう。

レイアウトの行や列は自分で決められる。

ウィジェット 関連コンテンツユニット
「ウィジェット」画面から「カスタムHTML」をドラッグしてサイドバーまで移動させます。開いた入力画面にアドセンスのコードを貼り付けます。

デザインの種類、レイアウトのカスタマイズなど詳しくは前回の記事を読んでください。

デザインと注意点

デザインの詳しい説明やコードは前回を参照してもらうとして、サイドバーに設置した場合のオススメデザインを勝手に決めて推薦します!赤枠で囲った場所が広告ですね。

画像とテキストを横に並べて表示

サイドバー 関連コンテンツユニットのサンプル

一番のおすすめはコレですね。

なんとなく「同じカテゴリーの記事を表示」に見えなくもない。さらに自然とインフィード広告みたいに広告が表示される。

条件によるが記事数(行)もかなりイケる。下のウィジェットが設置されてなくて場所に余裕がある場合などだ。

カード内にテキスト、上に画像を配置

サイドバー 関連コンテンツユニットのサンプル

カード型の表示。マテリアルデザインに見えなくもない。

記事数は5くらいまでですね。ただ、サムネイルのスペースの割には文字数の表示が少ないのが気になる。

カード内にテキスト

関連コンテンツユニット サンプル

もしかしたらこのデザインがいいのかも。

何と言っても自然。モノクロのテキストサイトで、背景も真っ白でこの関連コンテンツユニットならカッコいいだろう。

サムネイルもモノクロで、短編小説とかコラムとかだけのテキストサイト…アリだな。

恐ろしく高度な文章力と綺麗な写真が要求されるが…アリだな。

Cocoonで作りたくなってきた。アドセンスもテキスト広告とリンクユニットのみで色はモノクロオンリーに設定して。
アソシエイトもブログカードも色がついてるのは全部排除。う~~ん、ミニマリズム!

盆栽のサイトとかにもいいかも。ひたすらオサレ。

おまけ

サイドバー 関連コンテンツユニット

その他のレイアウトサンプルです。サイドバーだけ抜き出してみた。

一番左・・・テキストのみ。背景が白なら映える。

左から二番目・・・画像の横にテキストのカード内表示。ちょっとくどい。

右から二番目・・・テキストの上に画像のカード内表示で二列表示。テキストが少なすぎる。いまいち。

一番右・・・テキストの上に画像の二列表示。カードの枠線が無い分すっきり見える。背景が白なら馴染んでさらに良し。が、やはり窮屈な感じは否めない。

設置の際の注意点

カスタマイズで行や列の数字をいじってたら、突然サイドバーになにも表示されない時がでてくる。

それは「数が大きすぎる」だけ。適正な数に戻したらまた表示されるから大丈夫です。

注意点
  • 行や列を自分で決められるといっても、上限が決まっている。
  • ユニットのデザインや、関連コンテンツ以外に設置してあるサイドバーのウィジェットによっても表示できる行の数は変わってくる。

ここら辺は自分のブログのデザインで決めましょう。

色々試したんですけど、特に「関連コンテンツユニット」の下のウィジェットが重要ですね。

下にウィジェットが無ければ結構表示できました。エントリー記事とトップページでも表示できる数が違ったりして複雑ですけどね。

お試しあれ。

背景が白のデザインならアリ

自分が使ってるSANGOはマテリアルデザインに準拠しているし色も綺麗で素敵なのでポップなメインカラーを採用しているんですが、背景が白のサイトなら合わせるのラクなんじゃないかな。

カード内テキストの表示を背景白にして試してみた。アリです。結構好きです。

SimplicityCocoonなら馴染みそう。

サイドバーで広告ユニットを貼ると、デザインによっては余白が出てしまうときがある。背景が色付きなら余白を透明にするCSSを追記したほうが馴染む。

まとめ

  • 関連コンテンツユニットのサイドバー設置はGoogleにオススメされてる
  • 記事下に設置する時と同様、行と列はいじれる。
  • デザインも選べる
  • 表示できる広告のサイズは他のウィジェットの設置状況に左右される
  • 背景が白ならアリな気がする

おそらく使う人はあまりいないでしょうが、ワタシはデザインや用途によってはワンチャンあると思ってる…