個人ブログは引っ越しました

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに自転車保険は必須~高額賠償金払えるの?

自転車事故 人形
記事を読む前に

個人で自転車保険に加入しないといけないのは絶対なのですが、事故を起こしてしまった時の場合によっては保険が適用されません。

この記事の情報が古く、間違っている可能性もあります。保険加入の際は必ず自分で「Uber Eats配達」時のケースを確認しましょう。


Uber Eats配達パートナーは個人で自転車保険に加入しなきゃダメなの?面倒くさくない?へーき、へーき、自分は事故らないから(笑)

イズミケイタ

ダメです!絶対に加入しましょう

なんで個人で加入しないといけないの?Uber Eats側で保険かけてないの?

自転車保険加入しないとどうなるの?

最近は自転車事故の報道を耳にすることも多い。自治体でも加入を義務づけるところも出てきた。なぜなら……

事故を起こしたら一発で人生終わるから

加害者なら一生かかっても払いきれないような多額の賠償金、被害者になっても相手が保険に入ってなかったら?

接触して倒れた相手が打ちどころ悪くて重症だったら1億近い賠償金の支払いを命じられるんですよ?
強風の日に稼働して突風にあおられてクルマに接触して傷つけたら?高級車だったら?

参考記事:自転車事故の賠償事例

Uber Eats配達のリスク
長時間の配達、原則車道の走行、悪天候時の配達……

普通の生活で自転車乗ってる人と比べてリスクが高すぎる

イズミケイタ

ちょ、待って。Uber Eats側で保険かけてくれてないの?

Uber Eatsで保険かけてくれてはいるんですが、少し注意が必要です。さらに個人で自転車保険かけないといけない理由がある。

Uber Eats配達時の保険の適用条件と注意点

特徴
  • 業務中の事故については保険適用
  • 業務中とはリクエスト受けてから店でピックして配達完了まで
  • 対人・対物の賠償のみ、自分の怪我は対象外
  • 賠償金額は上限有り。詳細な金額は不明。
  • 自転車配達パートナーは自動加入してある。手続きは必要なし。

自転車配達パートナーに関してはUber Eats側が自動で保険をかけています。ただし、上記にもあるように配達業務中の事故に関してだけ、対人・対物のみ。

自転車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了するまでの間に生じた事故に対して適用されます。

自転車向け保険

つまり、加盟店集合地帯へ向かってる間や、帰る時間、ピコるまでフラフラとさ迷ってサイクリングしている時間に事故っても保険の対象外。そして自分の怪我に関しては常に対象外なのです。

イズミケイタ

は?ピコ無し芳一なめんな。待機時間のが100倍長いわ!

このウーバーの保険適用外の時間と自分の怪我を補うのが個人で加入する自転車保険です。もちろんUber Eats以外のプライベートの自転車事故についても補償されます。というかプライベートでの自転車事故がメインですけど。

Uber Eatsの保険+個人での自転車保険加入のすすめ

Uber Eatsの保険ではすべての時間をカバーできるわけではない、なら個人の自転車保険はどうなんだ?

自転車保険を扱っている数社に問い合わせした結果……重要なのはこの2点

  1. 配達業務中の事故に関しては補償の対象外
  2. 自分の怪我については保険適用

つまり、Uber Eatsがかけている保険の真逆です。

ということはUber Eatsの保険と個人の保険を併用すればすべての時間、すべてのケースがカバーできるということ。

イズミケイタ

相互補完!

はい、Uber Eats(ウーバイーツ)配達の保険の説明とリスクの説明終わり!あとは便利アイテム揃えてガンガン自分の配達レベル上げてくれ。

注意

実際に事故があった場合は「業務中」「業務外」の判断は担当する人の考えで変わりそうだ。

Uber Eats側が定める「ピックからドロップ」までの「業務内」ではない時間、つまり待機時間が個人保険が定める「業務内」になってしまうということがある。

そうなると待機中の事故に関しては自分の怪我くらいしか補償がない。心配な人は自分で問い合わせたり、業務用の保険に入りましょう

おすすめ自転車保険3種類

自転車保険について調べたのでおすすめを3つ紹介する。

自転車保険については何種類もの商品があるので、気になった人は自分で調べつくして比較・検討しましょう。あと、自分の怪我に対する補償額や死亡補償については比較していません。

注意
基本的に自転車保険を加入したとしても、保険が適用されるのは翌日の午後4時からです。
6/18追記
Uber Eats配達をがっつりやるなら

いろいろ調べた結果、オススメはこの3つです。

  • au損保はUber Eats配達の待機中の事故でも保険適用で、さらに大きいのが示談交渉サービス
  • BiSPAは業務中の事故でも保険適用
  • フリーランスの保険は業務中でも適用、自転車だけでなくフリーランスの業務に関する様々なケースで保険適用される。
https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

これからもいい保険がないか随時チェックしまっす!

まずはUber Eats配達パートナーに登録

Uber Eats 配達パートナープログラム

自分で調べてね
これから紹介する自転車保険にはそれぞれグレードがあったり、保険適用範囲が拡張される商品もあるが、全部紹介したらキリがないので詳しい内容は自分で調べて検討してください。

au損保「Bycle」

特徴
  • 月々360円/600円/1,110円の3コース
  • 個人賠償責任補償 2億円
  • 示談代行サービス付き
  • 自転車ロードサービス
  • auユーザーじゃなくても加入できる
  • Uber Eats配達業務中は保険適用外(対人・対物)自分の怪我は保険適用内

個人賠償補償が2億円なのは安心。特にいいのが示談代行サービスとロードサービス。

実際、事故を起こしてしまったら個人で対応するのも経験がないと難しいと思う。プロに任せられるのは安心。

自転車ロードサービスは、例えば遠くで事故を起こして自転車が破損して動かせなかったり、自分が救急車に乗った時などでも自転車を運んでくれるというもの。Uber Eats配達だけでなく自転車をよく利用する人には1番いいだろう

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

特に1番グレードの高いゴールドコースがオススメ。

ヘルメット着用時に死亡したら補償額100万上乗せなどもある。

さらに日常やアウトドアでの怪我も保険の範囲になる拡張版の「Bycle Best」や家族の事故も保証してくれる「家族型」などもあるからサイトをチェックしてみよう。

携帯電話でauを使ってる人は「auかんたん決済」で電話料金で合算できて支払いも楽チン。auユーザーじゃなくても加入できます。

サイトには載ってないが、本人型で2年目をむかえると特別プランを紹介される。特約で携行品損害などもつく手厚いプランだ。

イズミケイタ

普段から自転車に乗ってる人やauユーザーならこれだね。

入りやすい保険2種類

そんなガッツリ配達すうるわけでもないけど、保険入らないのも不安。お守り代わりに低額で加入しやすい自転車保険は以下の2つ。

Uber Eats配達関係なく自転車保険には絶対に加入した方がいいので初めの保険にいいかも。

LINE自転車安心保険

<LINEほけん>
特徴
  • 月々100円/250円の2プラン
  • 個人賠償責任補償 1億円(250円は3億円)
  • 示談代行サービス付き(損保ジャパン日本興亜 の「示談交渉サービス」が利用できる)
  • LINEアプリから加入
  • Uber Eats配達業務中は保険適用外(対人・対物)自分の怪我は保険適用内

最近はじまったスマホからお手軽に加入できるのが「LINEほけん」だ。自転車保険だけでなく日常の色々なシーンに対応する保険が用意されている。

スマホのLINEアプリからしか加入できないが、ほとんどの人はダウンロードしているから問題ないだろう。LINEpayを利用してるなら一瞬で加入できるのがメリット。

LINEほけん
<100円プラン> 保険金額 <250円プラン>

イズミケイタ

1番安く、お手軽に加入したいならコレですね。
https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

Uber Eats専業の人には全くお勧めしません。業務外(待機時間)でも保険適用にならないかもしれない。

楽天自転車保険(本人型)

特徴
  • 月々170円/300円/490円の3コース
  • 個人賠償責任補償 1億円(3コースすべて)
  • 個人賠償責任危険補償特約で同居してる家族にも保険が付く
  • 楽天会員のみ
  • 示談交渉サービス有り
  • Uber Eats配達業務中は保険適用外(対人・対物)自分の怪我は保険適用内

ポイントは3つ。買いやすい(楽天でカートに入れるだけ)、家族も自動で損害賠償責任の補償が付く。楽天会員のみ。

あ、日常のちょっとした事故にも保険が付くみたい。

イズミケイタ

楽天ユーザーはコレでいいんじゃないかな。
https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

LINE保険同様、あまりUber Eats配達ガッツリの人にはお勧めしません。ただ、加入しやすいので入っとくのもいい。

赤チャリの保険

特徴
  • Uber Eats配達業務中も保険適用内(対人・対物、自分の怪我
  • 賠償責任 対人・対物共通賠償責任補償 最高 2 億円
  • 訴訟対応費用補償

裸一貫でUber Eats配達をはじめた人たちがお世話になるドコモのレンタルサイクル通称「赤チャリ」。

そういえば赤チャリユーザーにも保険ついてたよな、ダメもとでUber Eats配達利用時の事故についても聞いてみるかと問い合わせたところ……

Uber Eats配達中の事故でも保険適用されます

イズミケイタ

え?マジで⁉

そうなんです。びっくりしました。赤チャリのこの手厚さ、頼もしさ。最高です。

ワタシは赤チャリユーザーなんですがLINEほけんに加入した後にこの赤チャリの懐の深さを知ったんです。

Uber Eats配達以外で自転車乗らない人で赤チャリユーザーなら自転車保険入らなくていいかもしれません。

やっぱり赤チャリは最高。可愛すぎますよね。メンテナンスいらないしスピードも出ないから大事故の可能性も低いし、シェアリングエコノミーだし。今度は赤チャリのメリット・デメリットについて記事にしようかな。

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

被害者治療費最大50万円は要注意。赤チャリだけでなくほかの保険にも入っておきましょう。

自転車Uber Eats配達パートナーのおすすめ保険まとめ

自転車保険まとめ
  • Uber Eatsの保険は配達業務時間の事故のみ適用
  • 個人の自転車保険は配達業務外時間の事故のみ適用
  • Uber Eatsの保険は自分の怪我には適用されない
  • 個人の自転車保険は自分の怪我には業務内・外問わず適用
  • 併用すればバッチリ、だいたいカバーできる
  • なんでもいいから個人の自転車保険に入っとけ
  • 赤チャリの保険は手厚い

イズミケイタ

備えあれば憂いなし!

間違いない!

おまけ~自転車車両保険はUber Eats配達中は適用になるの?

Uber Eats自転車配達パートナーの中には自転車愛好家も多い。

高級なスポーツバイクを配達に使っている人や、お高い電動アシスト自転車を使ってる人もいる。中には愛車のことを「妻」と呼んで愛でるキトクな人もいるぐらいだ。

そんな大切な愛車や高級自転車が事故った時の補償ってどうなってるんでしょう。高級スポーツバイクでは、盗難や事故が補償される専門の「車両保険」がある。

乗車時間もリスクも桁違いなUber Eats配達パートナーで車両保険をかけていて、配達業務中に事故って大切な愛車が壊れたら保険おりるのか?

はい、電話で問い合わせました。

「業務中の事故による補償は出ません」

イズミケイタ

ですよねぇw

自転車保険のケースと同じでした。まぁそうですよね。1社にしか問い合わせしていないから正確には言えないけど、おそらくどの車両保険でも適用外でしょう。

メッセンジャーやバイク便は会社で包括契約を結んでるんじゃないでしょうか。あくまで予想ですが。

関連リンク

自転車保険の記事を書くにあたって参考にしたり、紹介したサービス、実際の保険商品のリンクです。

紹介した保険やサービス

その他の自転車保険

今回比較に対象にしなかったが評判のいい自転車保険はたくさんある。他にもまだまだあるので興味のある人は自分で調べて加入を検討しよう。

自転車事故を起こしてしまった場合に参考になる記事

実際の自転車事故の判例や、事故を起こしてしまった時に参考になりそうな記事のリンクも置いておく。

イズミケイタ

どうかUber Eats配達パートナーさん全員が事故にあいませんように☆
保険も入って安心にUber Eats配達する

Uber Eats 配達パートナープログラム