注文アプリのお得なキャンペーンはこちら!

【週間100k】週10万円はないとUber Eats(ウーバーイーツ)専業では厳しいゾ~2019冬

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

週間100k到達!つまり週10万円だ。

注意
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の報酬は、エリア・日時・プロモーションの内容によって変わります。目安として考えて下さい。

ウーバーイーツ週間100k配達まとめ

週間100k売り上げのスクショ

週7日、毎日稼働してみました。

最初は「150d」の配達記録の記事を書くために配達してたが途中から「週100kもいけるんじゃない?」と路線変更。

POINT
  • 休日が3日
  • 休日3日とも昼/夜クエスト当選
  • 金曜日からマクドナルド送料無料キャンペーン開始

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

こんな好条件の週はない!週100kチャレンジ!

こうして全部数字にしてながめてみると色々発見があります。まず、遅い。やはり自分の実力は中の中、標準でしょう。

1日も時給換算2,000円いってない……それでも時間かければ週10万円程度なら根性で行ける。

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

これでワタシも週100kクラブメンバーで、上級配達パートナーへとレベルアップかな。

【君はどのレベル?】私家版Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのレベル分け
週100kまとめ
  • 火・水・木はあまり鳴らない
  • 土曜日より金曜日の方が鳴る
  • 休日と日曜日は朝から夜まで終日鳴る
  • 配送料無料のマックは最強
  • 実力や配達スピードが並みでも時間かければ週100kは余裕

*2019年冬の配達記録

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

結局、最後は体力勝負♪

週10万チャレンジしてみる

Uber Eats 配達パートナープログラム

月曜日(祝日)

マクドナルド@田端店
昼12ピコ目のマクドナルド@田端

3連休最後の休日、小雪ちらつく寒さ。鳴らないわけがない。

朝から初台マックを皮切りに西新宿の間で配達。しかし新宿3丁目から市ヶ谷→幡ヶ谷というダブルで体力が半分に。

この配達完了時点で12:30/4d。完クリを諦めたがここから鳴り止まず、なぜか田端でクリア!

夕方もずっと注文が止まらず、夜クエストも文京や飯田橋周辺でこなしながら家に向かい、下北沢でクリア。

月曜日(祝日)の配達記録

11:46/34d/23,464(18,664/ブースト2,263/インセ2,400+2,400)

火曜日

モンベル@新宿店
モンベル教の総本山

9時台4件で「今日も鳴るぜ!」って思ったのもまさかの10時台0。不貞腐れてモンベルでお買い物。

雪の日や雨の日にパンツの上にレインパンツを履いたら劇的に暖かいことに気づき、本格的なレインパンツを探しに来た。

ワタシを含め多くの配達パートナーは報酬の多くをモンベルに納めてるので、この日もキッチリとお布施しました。

一旦帰宅し、家で昼めし&昼寝して再び配達。

笹塚~早稲田~本郷~神保町~早稲田~新宿。基本的に夜の方が鳴る。

火曜日の配達記録

7:54/20d/9,894(9,750/ブースト144)

水曜日

マクドナルド@中野坂上
ノンブーの王様@マクドナルド中野坂上

水曜日は都心でもブーストが付いてない。なのでいつもついてない中野区で気持ちよく配達できる。しかしあんまり鳴らない……

昼ピークは都心でもブーストが付くが中野や杉並はノンブーのまま。当然鳴る。ノンブーで回し帰宅。

夜は新宿から。あまりの昼の注文の無さにタイ料理屋さんから「今日って昼、ウーバーさんってやってました?」と聞かれる。昼は注文が0だったらしい。注文自体が少ないと言っておいた。

水曜日の配達記録

8:45/21d/10,183(9,766/ブースト417)

木曜日

中井の赤チャリポート
この日は赤チャリ確保に苦労した

朝から絶不調。オッサンに突撃され「よけろよゴルァ‼」と怒鳴られるわ、住所自体が間違って表示されるバグは起きるわで嫌になって昼で帰宅。

夜は高ブーストの渋谷でイルキャンティのロングドロップ2連発で高単価。その後ノンブーの新宿に流される。

最後にピックに行った「グッネチキン」の温かい対応でココロが軽やかになり、明日も頑張ろうという気持ちになった。

配達パートナーだってバッグを降ろせばお客だもんね。丁寧な対応されればお客として頼みたくなるよ。

眼だって口だってついてるんだからgoodなお店は広めるでしょう。配達パートナーに横柄な対応をとる加盟レストランは考え直した方がいい

木曜日の配達記録

7:17/14d/7,333(7,029/ブースト304)

金曜日

上島珈琲@御茶ノ水
上島珈琲@御茶ノ水

火・水・木とお昼に一時帰宅してたが、今日はフルで配達すると決めてた。

なぜならマクドナルドの送料無料キャンペーンが始まるからオーダーが爆発すると予想。

結果、朝から7連続マックでスタート。結局半分以上マックを運んだ。

しかし、赤チャリの確保がうまくいかないのと、異常なロングピック要請連発で流れに乗れず。立ち回りの稚拙さが浮き彫り。後4dは増やせた。

金曜日の配達記録

10:15/33d/15,824(14,723/ブースト1,101)

土曜日(休日)

夜クエストの最後はもちろん市ヶ谷マック

昼/夜クエスト当選してた。

まぁ、マックのキャンペーンがある限り余裕でクリアできる。両方12クリアしてインセンティブで3kもらう。……ずいぶん少なくなったもんだ。

配達パートナーの間では常識だが、土曜日はそんなにオーダーがあるわけではない。平日プラスαみたいな感覚でいたほうがいい。再確認した。

当初の目的である週間150ⅾはこの日の夜に達成。今までの自分の最高件数は「年末年始はギャン鳴り!」の週で118ⅾだった。

土曜日(休日)の配達記録

10:00/31d/15,310(14,666/ブースト644)

日曜日(休日)

100k到達時のレストラン@神楽坂「ウィズグリーン」

今日15kで目標達成。予定では夜クエストの前で達成だが……

当然、日曜日は朝から鳴りまくる。さらにブーストも広範囲かつカバーする時間帯も長い。よって高単価。

昼クエストも最初の45分で4確。順調すぎて途中2回コンビニで休憩するも余裕でクリア。

夕方も文京で順調にこなし、夜クエの2ⅾ目で週100kクリア!

18時過ぎだったし体力的にも余力あったが、変なバグやトラブルに巻き込まれて達成感が失われるのも嫌だから終了することにした。

自分では週間100kいけないと思ってたから素直に嬉しい。

日曜日(休日)の配達記録

8:13/25d/13,771(11,560/ブースト2,211)

カラダ1つで週10万円

この1週間で経費はいくらかかったのか補足。

1週間の経費

1,000円(赤チャリ)+5,000(配達時の食費)=6,000円

ワタシはdocomoのレンタルサイクル(通称:赤チャリ)をUber Eats専用プランの月4,000円で利用している。つまり、1週間1,000円弱だ。

さらに配達中に休憩する時の食事や飴、飲み物代で約5,000円くらいかな。

配達先のグルメスポットや名店、有名ラーメン店巡りを楽しみにしてる配達パートナーも多い。

ワタシはおにぎりや手作りお菓子などを携帯したり、スマホの充電をコンビニでするのでイートインを利用することも多く、そこまで食費がかからない。

注意

赤チャリの月4,000円プランが2019年8月6日 15:00で新規受付終了になる。以降契約した場合は、1台の自転車を4時間以上レンタルしたら30分ごとに100円追加料金がかかる。4時間以内に乗り換えれば無料。月4,000円はそのまま。*現行プランで契約した配達パートナーはそのまま

さらに報酬を増やすには?

Uber Eatsは労働集約型なので基本的に配達した分(件数)だけ報酬が積み上がる。

もっと報酬増やすには以下の3点が重要だ。

  1. 時間当たりの配達件数を増やす
  2. 1日の配達時間を長くする
  3. ブーストの高いエリアで配達して単価を上げる

ワタシ程度の配達スピードでは ブーストの高い渋谷・港を攻略しないとこれ以上は望めないかも。

個人的には複業としてノホホンと運動やストレス発散、日々のお小遣いUPのために配達するのがいいと思う。専門スキルも伸びないし。

ただ、週10万円は悪くない。変な会社やアルバイトよりよっぽどいい。

配達パートナーやりながら挑戦したり、休憩したりすればいい。

無職や無一文になってもカラダ一つで即日配達できて、1週間の報酬が翌週に振り込まれる。ストレスも少なくお気楽な仕事、それがUber Eats(ウーバーイーツ)配達。

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

いざとなれば「カラダひとつで週10万円」ということ。けっこう安心感ありますよ。

いざとなればUber Eatsで。まずは登録。

Uber Eats 配達パートナープログラム