個人ブログは引っ越しました

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達に使える最強スマホホルダー決定戦【予選】

スマホホルダー アイキャッチ

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

どのスマホホルダー買えばいいか分かんない。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達にベストなスマホホルダーを探す旅は終わらない。

自分の自転車だったり、スタイルによって合うスマホホルダーが違うから1つの商品に決めることができない。

自分一人でたくさん買ってレビューするのも合理的ではない。

そこでTwitterで先輩の凄腕配達パートナーさんたちにいろいろオススメしてもらったからシェアします。

Uber Eats配達をしている期間も長いので何個もスマホホルダーを購入して、失敗したり合ったのを見つけたりしてる。

新人配達パートナーさんも巨人の肩に乗りショートカットして自分に合いそうなスマホホルダーを探しましょう。

プラスチック系

現在ワタシが使っているスマホホルダー。

着脱もワンタッチで簡単。赤チャリの交換の時に少し時間がかかるのが面倒と言えば面倒。と言っても15秒ぐらいだが。

スマホ着脱動画
着ける時

外すとき

着ける時はダイヤルを回して締め上げる 。外すときはワンタッチ。後ろのスイッチを押しながらスマホを斜めに動かせば外れる。

Amazon自転車スマホホルダーベストセラー1位は伊達じゃない。

ゴム系

何人かの先輩配達パートナーからオススメとの報告。

手軽に着脱ができ、値段も安い。

スマホ着脱動画
着ける時
外すとき
注意

上の動画では裸スマホだが、普段は厚めのスマホケースを装着しているから3点止め(左下を止めない)でもキツく締まるかもしれないとのこと。自己責任でお願いします。

ホルダー着脱動画
着ける時
外す時

赤チャリの場合はスマホホルダーの着脱の手間も考える要素になる。このタイプは割と容易に着脱できる。

注意

シリコンゴムゆえに時間で劣化し切れてしまい、その度に買い直しが必要。

消耗品と割り切る人におすすめ。

プラスチック+ゴム

ワタシのブログからかなり売れてるのがこのホルダー。

ゴムで固定+プラスチックで横からはさむというもの。デザインも小さくて好み。

注意

プラスチック部分の耐久性に難ありとの情報あり。
ゴムの耐久性も難ありとの情報も。

ゴム+プラスチック

マウント部分がプラスチックでゴムで固定タイプ。

アルミ

強力な力で締めあげるミニマムなスマホホルダー。

デメリットはレンチがないとホルダー自体が締められないこと。赤チャリ配達パートナーには現実的ではない。

アームバンド

スマホホルダー自体を使わないという選択肢もある。

ピック&ドロップのたびにスマホを外す、着けるの手間が省かれる。さらに赤チャリの人は交換時のホルダー付け替えの手間も無くなる。

地図の確認や装着感が気にならないならオススメ。

その他

他にも高級品やメッセンジャースタイルなどいろんなホルダーがある。

自分のスタイルを考えて購入しよう。

TiGRA Sport スマホホルダー

ワンタッチ系の有名スマホホルダー。次はコレを買おうかな。

注意

使用しているiPhoneのサイズや各種用途別にたくさんの種類があるので購入するときはしっかり確認を。

ハンドル用、アームバンド用、充電付き、防水対応などなど。

RAM MOUNTS

少し値が張るが、質の高いRAM MOUNTSもいいらしい。

ゴムをつけないで4本の支えだけでも十分に固定できるみたいです。

ただ、ホルダーとアタッチメントが別売りのようだ。中華コピー品でも十分なクオリティがあるとの情報も…

クアッドロック(QUAD LOCK)

カッコいい。便利。高い。

この上のランクになるとスマホホルダーの乗っけただけで充電してくれるものがある。

ぷら~~ん系

加盟店の場所や地理が頭に入ってるなら首からぶら下げや肩紐からぶら下げのメッセンジャースタイルもいいでしょう。

スマホで地図を確認する時間を減らすのがスピードアップの王道ですから。でも片手運転はくれぐれも気をつけて。

ちゃんと一時停止や信号待ちで確認すること!

https://kitsunepublishing.com/wp-content/uploads/2017/12/prof.jpg
イズミケイタ

もし決勝があるなら全部買って詳しくレビューします。