目指せ連載!! ボウリング漫画への道

【君はどのレベル?】私家版Uber Eats配達パートナーのレベル分け

あなたの配達レベルは?

イズミケイタ

まずは自分のレベルを知ろう

相撲の番付表しかり、空手や柔道の帯の色しかり、あらゆるものはランク付け、階級分けされるのです。

そこで、「UberEats配達パートナー」のレベル分けも勝手に作りました。

まぁ、ウーバー配達自体は特に難しいスキルや大量の経験が必要というわけでもなく100配達もすれば慣れて、あとはスピードや効率、場所や稼働時間帯の話になってくるので主に時給換算やクリア条件を設定して分けてみた。

大まかに初級・中級・上級の3つの中に2段階で、全6つのレベルに分けることにする。

初級(なめくじ配達員)

UberEats配達員レベル分け 初級

  • 時給1,000円以下
  • 配達回数~100

いわゆる初心者。地図も覚えてなければ店も覚えてない。とにかく初めてのことばかりで配達に時間ばかりかかる。

そんなあなたはクソ雑魚なめくじ配達員。

お店でも遠慮して「ウーバーです!」となかなか言えなかったりする。

自転車愛好家などは最初からこのレベルにはいない。

初級+(のろまのノロ助)

  • 時給1,000円以下
  • インセ完クリ未達成
  • 配達回数100~

ウーバー配達にも慣れたがまだまだ遅い。頑張ったつもりでもインセは10前後で時間切れ。

そんなあなたはのろまのノロ助配達員。

ここら辺から自分の好きな配達エリアやお店、裏道、小技も覚えてくる。Twitterや外で会う配達員と情報共有もはじめていいアイテムや鳴る場所なんかも知るようになる。

混雑時のマクドナルドで人混みを押し分けて「ウーバーイーツです‼」とガツガツ主張できるようになってるだろう。

中級(量産型配達員)

UberEats配達員レベル分け 中級(たくさんの自転車乗り)

  • 時給1,000円以上
  • インセ完クリ経験済
  • 配達回数500~

初心者ほどもたつかず、配達も無難にこなす。でもスピードはそんなにあるわけじゃない、そこらへんにワラワラいるウーバー配達員。

そんなあなたは量産型配達員。

注文・配車次第ではインセ完全クリアも可能だが、少し配達員が多くなるともうダメ。いたるところで「鳴らない」「オワタ」「サイクリング楽しい~」「ピコ無し芳一」とつぶやいているのが特徴だ。調子のいいときは「平成のピコ若丸」と名乗ったりもする。

この「量産型配達員」がウーバーイーツパートナーの中で一番多い気がする。

運営に対する不信感やアプリに対する不満も高まってくるのもこのレベルから。なぜならスピードも無いため報酬というリターンも少なく、子供の駄賃のような稼ぎで終わる場合もありストレスを貯め込みやすいからだ。

イズミケイタ

ワタシはこのレベルが限界…。

中級+(ノマド配達員)

UberEats配達員レベル分け 中級+ おしゃれ配達員

  • 休むも稼ぐも自由
  • 昼夜インセ同日クリアー済
  • 1日15k以上稼いだことがある
  • 配達回数1000~

自分の人生の指揮者は自分だ!稼ぎたい日にガッツリ稼いだり、テキトーに流したり自由気ままに働ける。

そんなあなたはノマド配達員。

ウーバーに対する執着も無し、本業もバッチリでエクササイズや楽しみで稼働してるのが特徴。

なのに量産型配達員以下のレベルの配達員の稼ぎを余裕で超えるものを叩き出す。わかる?余裕があるのよ、余裕がね。

ウーバーなんて副業、なくなっても別にいい。選択肢の多さが余裕のあらわれ、稼ぎからも自由になった配達員がこのレベル。

本業が忙しい人で自転車愛好家はこのレベルに多い。

上級(タワマンソムリエ)

  • 初見のタワマンも経験で苦にしない
  • ほぼ無駄がない
  • 大概のトラブルも解決出来る、動じない
  • 1日20k以上稼いだことがある
  • 配達回数2000~

完全にウーバーイーツ配達に慣れた。タワマンも数多くこなし初見の要塞タワマンでも今までの経験と勘でスムーズに攻略できる。

そんなあなたはタワマンソムリエ配達員。

現実的にはここがウーバーイーツ配達員すごろくのあがりですね。

運営にも冷静に進言でき、他の配達員からの信頼も厚い。ただ、日本法人に進言しても何もならないんですけどね…。

上級+(配達虚無僧)

UberEats配達員レベル分け 上級+ 疾走する自転車

  • AIを超える効率
  • 現代のアンパンマン
  • 1日30k以上稼いだことがある
  • 配達回数5000~

もう何も言うことがない。トラブルもサポートに先回りして解決、ルートも最短でお届け、AIにはできない真心をお客様に……

そんなあなたはウーバーイーツ配達虚無僧。

稼げるけど、稼ぎは結果論。お腹の減ったお客様に料理をただ配達するのみ。届けてほしいお店の替わりにただ配達するだけ。

ただ配達するのみ。ブースト?インセンティブ?それってお客様に関係ないでしょ?自分の仕事を真摯にこなすだけ。それが一番難しい…。

理不尽なクレーム、ずさんな運営、狂ったアプリ、お店のミス、でたらめな住所……すべてを乗り越えて配達するのがこのレベル。

まとめ

自分で勝手に作ったレベル分けですが、作ったらけっこうためになった。

目標が出来たというか。

ウーバーイーツパートナーやってる人も自分で勝手にレベル分けや段階、目標を設定するのはオススメです。

どうしても配達に飽きてくるので、インセの数字や自分で決めた目標でモチベを維持する作戦はアリ。

このレベル分けで「ノマド配達員」までいければいいかなと自分では思ってる。

配達員同士で必ずしも仲良くする必要はないが、インセクリアやスピードのことしか頭になく挨拶も無視どころか配達員に敵対心まる出しのダークサイド配達員というのもいるが今回のレベル分けには入れなかった。実力はあるけど、ゴミカスなので。

イズミケイタ

安全に配達が一番だよ